1. メタルマッスルHMB
  2. 筋トレには休息も重要

筋トレには休息も重要

時計

筋トレをひたすら行うより、一定の休息を得た方が効果的に筋肉を発達させられるという話を聞いたことがありませんか。これには人間のもつ超回復という特性が大きく関係しています。今回はそんな超回復のことも含め、筋トレにおける休息の大切さを紹介しましょう。

筋トレには休息も重要

毎日のように体が動かなくなるで筋トレを行う。こういった努力は嫌いではありませんが、人間の体の構造を考えるとあまり効率が良いとはいえませんね。必死で筋トレをしているのに、定期的に休んでいる人よりも筋肉の発達が遅い、なんてことにもなりかねません。これは冒頭でも話したように人間には超回復なる力があるからです。

超回復というのは筋トレによってダメージを受けた筋肉が回復することで、より強靭になる特性のこと。筋トレを行うと筋肉がボロボロになり、それが回復するときに強くなると言えば分かりやすいでしょうか。

そんな超回復に要する時間はおおよそ2~3日程度。時間でいえば48時間程度で超回復が起きると言われています。そのため、筋肉を苛め抜くような筋トレを行った後は48時間程度、その筋肉を休めるのが理想的なわけです。

そして、超回復が終わったらまた筋トレを行って48時間ほどの超回復を待つ。この繰り返しによって筋肉を増強することが重要となります。超回復を行わずに無理に筋トレを行うと、怪我をしてしまったり、筋トレの効果が上手くでないこともあります。

毎日のように筋トレをしたい気持ちも分かりますが時には休息も大切と割り切って休むようにしてください。

必要な休息の時間は人によって違う

先ほど超回復は48時間程度で起こると説明しましたが、実はこれ大雑把な数字であり、全ての人が48時間で筋肉が回復しきるとは限りません。トレーニング内容によっては1日程度で回復したり、逆に10日程度も疲れが抜けきらないこともあるのです。

そのため、自分に必要な休養の日数を見極めることが大切。見極める方法としては筋トレを記録しておくのが早いでしょう。

過去のデータを参考にして、自分は〇日休んだ時が最も調子がよく筋肉が伸びているなと見極める。それが分かれば、後は自分に最適な休息の日数を取りつつ、筋トレを進めていけばいいだけです。

ただ、筋肉痛が酷かったり、疲れが抜けきらないと思う時は少し長めに休息を取った方がいいかもしれません。無理をしてしまえば怪我をしたり、筋トレが無駄になる可能性もありますからね。今まで休息なしで筋トレを続けてきた方は、これを機に休息のあり方を見直してみましょう。

▼ 関連記事
短期間で筋肉をつける筋トレのポイント

▼ GACKT愛用の筋トレサプリ
メタルマッスルHMBの本当の効果

© 2017 メタルマッスルHMBの本当の効果 All Rights Reserved.