1. メタルマッスルHMB
  2. 1日にする筋トレの量・時間やメニュー

1日にする筋トレの量・時間やメニュー

ダンベル

1日に行う筋トレの量や時間、メニューなどが気になることはありませんか。特に筋トレを始めたばかりの初心者だと、周りがどのくらい筋トレを行っているのか知りたくなるものです。そこで今回は1日にする筋トレの量や時間、メニューなどを紹介しましょう。

1日にする筋トレの量や時間

1日に行う筋トレの時間ですが、これは言ってしまえば人によって変わってきます。たとえば、ある方は1日1時間みっちりと筋トレを行うのに対して、ある方は1日10分程度の筋トレで済ませたり。

中には仕事の忙しさからなかなか筋トレの時間がとれない方もいますからね。これは仕方のないことでしょう。とはいえ、1日の筋トレ時間と増加する筋肉量はイコールではありません。確かに筋トレの時間を長めにとれれば、筋トレの量を増やすことが出来るでしょう。

ただ、筋トレは時間に対する質も大切。5の負担で1時間トレーニングをするよりも、10の負担で10分のトレーニングの方が効果が出ることもあります。ですので、1日の筋トレの量や時間は自分のライフスタイルに合わせたもので大丈夫です。

時間が無いと思えば1日10分程度でもOK。量については10分をフル活用できるよう調整してみてください。なるべく体に負担をかけて筋肉を苛め抜く。これが筋トレにおいては非常に重要です。

筋トレは1種目3セットがおすすめ

1日の筋トレのメニューは1種目3セット程度行うのがおすすめです。筋肉に大きな負荷をかける1セットでも効果はあるのですが、やはり1セットだと筋肉を使い切れないことが多いです。

そこで3セット。1セットごとに1分程度のインターバルを置き、3セットほど行うことで筋肉をより強化することが出来るでしょう。

3セットも出来ないと思っても、インターバルをおくと意外にも体が動くもの。最後の方は辛ければ少し負担を少なくする方法をとってもいいと思います。メニューが安定しない方はぜひ試してみてください。

1日の量は続けられる程度にしておこう

筋トレ初心者の方だと、少しでも早く筋肉をつけようと思って1日の筋トレの量や時間を膨大なものにすることがあります。しかし、それを毎日となるとほぼ確実に辛くなってしまい、下手をすれば筋トレが嫌になってしまうでしょう。

筋トレはとにかく継続していくことが大切。そのために、まずは1日の量を緩めに設定。そこから「もっと出来る」と思えば徐々に増やしていけばいいのです。筋トレは楽しみながら行うことが重要ですよ。

▼ 関連記事
筋トレには休息も重要

▼ GACKT愛用の筋トレサプリ
メタルマッスルHMBの本当の効果

© 2017 <メタルマッスルHMBの本当の効果 All Rights Reserved.